前記事にて一般的な犬猫さん用の高栄養食 療養食を掘り下げてみました。
商品ごとの違いや使用の可否は、貴方の物差しでお感じになられたでしょう。
しかしこれらに決定的に欠けていることがあります。

一般の高栄養食 療養食は・・・
フェレット用ではないです!!
その場しのぎのカロリー補助です!!


オナカに合わなくてウンチが緩くなるのも、
フードを併用しないと栄養面で継続できないのも、うなずけますよね。


前記事のまとめを思い出してください。
 


 
 ポイント 
1.消化吸収ができる配合
2.素早いエネルギー転換が可能(カロリー摂取)
3.有効なタンパク質と十分な補酵素の存在
4.力を添える機能性食品とV/M
 


 糖質や脂質をいち早くエネルギーにする配合がなされているか?
次にタンパク質が、そのエネルギーと添加されている補酵素に乗って、
アミノ酸としての役割を果たせる環境にあるか? 
これらをバックアップするだけの機能性食品は有効に働くのか?


さらにその前にあるのが・・・消化吸収できるものか?デス♪





☆○o。フェレット専用 高栄養食 療養食。o○☆
 
Past

Tattiche
 
NinnaNannaDelicaフェレットチーボ、タヒボ茶(タベブイア・アベラネダエ抽出液)、アルティジャーノ液体酵素、発酵乳製品、ミネラル&ビタリティー、カルシウムウィズボロン3、メガペットデイリー、Bコンプレックス50、スーパーC2000、コエンザイムQ10、必須アミノ酸群


1.消化吸収のベースは厳選された糖質+食物繊維からなるフェレットチーボ
腸内細菌へ良質なエサを供給し、さらに向上させる酵母と酵素があります
(腸内細菌叢を育てて、腸内細菌バランスを安定させるのです)

2.フェレットチーボとアルティジャーノ液体酵素に含まれるエネルギーが、
腸内細菌叢の助けによって穏やかに素早く効果的に吸収されます

 3.国内飼育の牛乳による国産の発酵乳製品は、比較検討を重ねて出会った逸品で、
乳製品特融の胃もたれや腸への刺激は限りなくゼロ!・・・よりも?
お腹が心地よくなるほど優しいタンパク質、脂質源です
芳醇な香りで嫌な臭みがないので嗜好性UPにも繋がります

4.滋養強壮、抗炎症、免疫向上などマルチの機能性を持つタヒボ茶!
惜しみなく高濃度で配合していますので、
解毒からここ一番のピンチの乗り切りまで力強くサポートしてくれます。


いかがお感じになりましたか?
前記事よりさらに!
「フェレット専用」のキーポイントを心得た高栄養食 療養食ですネ♪







肉食獣と呼ばれるフェレットさんですから、
ほとんどの方は病気を治すために 動物性のタンパク源・脂肪源を求められます。
けれども、これ・・・
不調を抱え食べられないフェレットさんには「ビシ!ビシ!鞭打つ行為」です。

比較することは難しいのですが、同じような状況の場合、
食べられないネコさんは、ほんの少しの動物性のタンパク源・脂肪源だけを口にしたがり、
それを何度も繰り返すことで体調を取り戻そうとします。
また、これを望む子は許容範囲を心得ていますから下痢などしません。
肉食ですから体調が悪ければ「最も得意な食材」という古巣に
自然と戻るわけです…おなかもお口も。

けれどもフェレットさんはそうではありません。
たとえお口が喜ぶことがあっても、
動物性のタンパク源や脂肪源 は 高い解毒能力を要求する栄養素ですから、
腸は残された体力を使って負担を排除しようとします。

手作りゴハンでお肉の割合を下げると
不調が改善する場合があるのはまさにそのためです。


こんな風にネコさんに出来ることであっても、
体調を崩したフェレットさんにこれを行なえば状況はさらに悪化してしまいます。
お口は好きでも身体はNGを出しちゃうわけです。

フェレットさんにはタンパク質も脂肪も必要な栄養素です。
ですが、肉食と言い切れるほどの身体のメカニズムはありません。

食べてもその多くが腸の危機回避能力とも言える作用によって
体外に排泄されているだけ
のことで、
私たちと同様、必要最低限の量を最小限の負担で食べることこそ価値があるのですね。





  



身体は「食べるもの」に置き換えられます。
身体は「食事=他の命」を糧に代謝と解毒を繰り返しつつ、
古い細胞は死に新たな細胞に生まれ変わります。

ゆえに「今日の食事の質やその力価」は「明日の身体の質や力」に如実に反映されます。
これが 食べること・生きること の本質です。

従って、質の高い身体であるほど自然治癒力は高いわけですが、
自然の摂理として、若いほどにその能力は勝っており、
年齢を重ねるほどその力は衰えて行きます。
「老い」が全ての命に存在する最大の敵であっても、
また厳しい病気の罹患率が高いフェレットであっても、
元来、フェレット個々に備わる生命力そのものは大変強く、
食の見直しによって「老いのスピードを遅らせること」あるいは、
人の手助けによって「避けられる病気」があります。

けれども、現実は必ずしもそうではありません。

避けられたはずの病気で苦しむ子は多く、不適切な食事(誤った戦略)と、
過度の獣医療と(誤った戦術)によって、
生まれながらに備わっているはずの生命力は害され、
その症状はさらに重く、あるいは併発する病気が多岐にわたり、
私たちの願いとは裏腹に、
自然治癒力を発揮できないまま愛する仲間や家族のもとを去らなくてはなりません。



にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村


高齢フェレットさんや病気療養中のフェレットさんによく使われていますね。

使用目的としては・・・
少量で高栄養、嗜好性が高い、強制給餌しやすい
少量でも準備しやすい、保存しやすい
などではないでしょうか?

長くこれらをご使用されてるママパパさんは、
いくつかの商品をご存じと思いますが、
それらを比較されたことはありますか?
比較されて選んでお使いでいらっしゃいますか?






どの商品を食べさせてあげたいと思われましたか?
どの商品が必要な栄養だと思われましたか?
どの商品が貴方のフェレットさんのオナカに合うと思われましたか?
(どんなに良いものでもオナカに合わなければ腸管吸収は下がります)

ではそれぞれの商品のキーポイントを、系統別に掘り下げてみましょう♪




☆○o。タンパク質・脂質。o○☆


ミルクプロテイン
乳たん白濃縮物。脱脂粉乳を脱水および乾燥したもの
      牛乳からとった一般的なタンパク質ネ!

大豆油
大豆の精製油と思われる
(圧搾油は非常に高価で一般流通のほとんどは
ノルマルヘキサンで精製されたもの)
トランス脂肪酸を多く含む
(商品としては安定する油、体には利益より害の方が非常に多い)
      これの存在意義がいまひとつ分からないです。
入れれば成分分析上の脂質数値はあがるのだろうケド・・・

卵黄パウダー
卵黄の粉。
(噴霧乾燥したものと思われる。カップラーメンのあの卵とは別物)
      タンパク質の可能性を追求して乳製品だけに頼らない姿勢でしょうか?
使ってる卵に拘って欲しいところだけどどうなのでしょう?






   消化態ミルクカゼイン
牛乳の2大タンパク質のひとつ(消化態=水溶液だと思います)
アミノ酸バランスがよく生物活性ペプチドを含む
時間をかけて長時間アミノ酸を放出する
ミルクの均質化・安定化に貢献(分離せずまざる)
チロシンの比率が高くノルアドレナリンやドーパミンを上昇させる
(神経伝達物質の活性が上がる)
ミルクのアレルゲン
      この手の商品ならばまずこれは入ってないと!ですネ
ホエイに比べれば安価でボディービルダーさんには効果的にウケが
悪いようですが、タンパク源ならばむしろ当然必要です
 
  MCT
中鎖脂肪酸。植物油には含まれない成分
消化吸収がよく小腸から直接門脈に入り、肝臓で分解され
エネルギーになりやすい
酸化安定性に優れた油
      トクホ取下げ問題の油で有名になった成分です。
この取下げ問題で問題視されているのはこの中鎖脂肪酸ではなく、
ジアシルグリセロールですのでご心配なく♪
脂質をこれで入れてくるあたりに本気と優しさを感じます

   乳製品
動物の乳を使用して作られたものの総称。
     
これが何を指すのか?作った人のみぞ知る?!
乳製品のお家元ですから色々持っているのでしょう・・^^;






   ミルクホエイ
乳清。チーズを作る際に分離されるタンパク質からカゼインを除いたもの
      この製造元お得意の分野だと感じます
必要性もバランスもわかっての配合なのでしょうね

   消化態ミルクカゼイン
B商品参照
      ホエイの後にくるのがカッコイイ d(・∀・*)♪゚+.゚

   ミルク発酵物
動物の乳を発酵して作られたもの。

     

   卵黄粉
A商品参照(卵黄パウダー)

     

   チーズ
      チーズは消化器官が弱った子に扱いやすいタンパク質、脂質源です。
でも良質のものを見つけるのが非常に困難です><
自称乳製品マニアのみのるも欲しいものは簡単に手に入ってません
これも拘っていただけているでしょうか?

   小麦胚芽油
小麦の胚芽から抽出した油。
リノール酸・ ビタミンEを豊富に含み抗酸化に役立つ
      食物油でビタミンEを謳うものは多けれど、製造過程でその含有量は
0か100か?ってほど変わってきます。
古来からの圧搾法(搾る)では原材料に含まれたEがそのまま含まれますが、
現在一般的なノルマルヘキサン抽出法では、高温加工なので
破壊されてしまう方が多いのです。
小麦胚芽油はそれでも他の食物油よりEが多いのでしょうけどね。
(ノルマルヘキサンはベンジンの仲間です)

   中鎖脂肪酸(MCT)
B商品参照

     

   精製魚油
他の脂肪油と異なる脂肪酸成分を含む
EPAやDHAなどのω-3脂肪酸である高度不飽和脂肪酸の含量も多い
      この手のサプリメントなどでも一般的なことですが、精製魚油ですから
製造時のリスクは当然あるのでしょう
そうしてでも欲しいω-3脂肪酸なのですよネ・・・







☆○o。アミノ酸・機能性食品・その他。o○☆
(V/M以外の原材料)

   
そつなく・・・と言う感じで、よく見たら積極的な消化酵素がないですね。
麦芽+植物性繊維+オリゴ糖を、病気の子の腸内細菌でどうにかしてって?
原材料の自立性がないのは、病気の子に酷じゃあないのかな?
それともワンちゃんにはそんな底力があるのだろうか?(犬向け商品です)
あとは言うまでもなく、BHA、BHT。
フードであれほど避けるものを病気の子に?この際無視!ってできるのかしら?





   
必要最低限!!分かりやすいスタンスですね。
人間用介護食での経験からなる取捨選択なのでしょう。
胆汁末を用意されるあたりはメーカーの研究による自信を感じます。
高栄養食はあくまでも一時しのぎ、完全に消化吸収運用に的を絞ってます。
出るウンチまで考えていないのは・・これで栄養つけて後で考えてね!かな?
ゴハンの併用などでウンチコントロールするのはママパパ次第♪





   
こちらは肝臓脾臓ケアの高栄養食なので、A、Bの商品とはちょっと違う内容です。
(メーカーには一般的な高栄養食もありますがフェレットさんにはこちらが
一番オススメなのでこの企画に選びました)
B商品が必要最低限ならば、こちらは徹底的に可能性を追求している印象です。
欲しいものがとことん入っていて、嫌なものは一切入れてきません。
これだけ揃えて配合するには、広い知識と長い経験が要求されるでしょう。
動物の栄養補完食を十八番とするメーカーだからなせる業ですね。






☆○o。まとめ。o○☆

ひとつひとつを検証して良し悪しではなくて、必要なのは総合力で、使えるものかどうかです。
高栄養食を必要とする体へ、一番最初に重要なのは「カロリー摂取」です。
ここまでを踏まえて考えてみましょ!


糖質や脂質をいち早くエネルギーにする配合がなされているか?
次にタンパク質が、そのエネルギーと添加されている補酵素に乗って、
アミノ酸としての役割を果たせる環境にあるか? 
これらをバックアップするだけの機能性食品は有効に働くのか?


さらにその前にあるのが・・・消化吸収できるものか?デス♪


 
 ポイント 
1.消化吸収ができる配合
2.素早いエネルギー転換が可能(カロリー摂取)
3.有効なタンパク質と十分な補酵素の存在
4.力を添える機能性食品とV/M
 




これら全てを賄える商品がこの3つの中にあったでしょうか?
せめて理想に近いものを・・・貴方の目で選んでください。
食べるのは大事な大事なフェレットさんたちです。


次回は「フェレット専用 高栄養食 療養食 パストタッティカ」です


にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

フェレットは野生のイタチのように獰猛な肉食獣なの?

さて、どうでしょう?
確かにお肉を必要とする生き物だから、肉食であることは明らかです。
そして体の大きさの割に強い顎を持っているので、大きさの割でいえば獰猛なのでしょう。
でも毎日目も当てられないほど血をしたたらせてお肉を食べる生き物なのでしょうか?

程度の違いはあれど、そもそもネコさんもワンちゃんも肉食です。
でもドメスティックな環境にいる子たちは、そんなおぞましい食事はしていないですよね。
それはどうしてなのかしら?

ネコさんもワンちゃんも、
どんなに広いお部屋を用意したって、疲れるまでいっぱいお散歩をしたって
自然の環境で生きるほどの運動は不可能です。
(去勢・避妊を考慮しても太っている子が多いのが第1の証拠!)
そもそも自然下に生きる肉食獣は、大抵の場合楽しんで体を動かしているのではないでしょう。
彼らの日常の多くは命を懸けて走り回っています。
食べるのも遊ぶのも寝るのですら、逃げたり戦ったりしなければならない緊張を伴う生活です。
はた目にはイキイキ見える彼らの生活は、実はキリキリギスギスしているのかも知れませんね。

ですから自然下での生活は健康をどうこう考えている場合ではないのです。
とにかく高カロリーな食べ物が必要で、安全のための新鮮さが・・・血をしたたらせ・・・ですよね。
でもそんな獲物に出会えなければ、飢えを我慢し続けるか他の何かを口にするしかありません。
その他の何かすら見つけられない場合は、
弱いものや赤ちゃんを食べる共食いか、それもなければ餓死しかありません。
自然って情け無用でハードですよね。。

・・って、でも?!
これってかなり人里離れた自然の環境ですよね。
もっと身近な野良ネコさんや、屋根裏のイタチさんはどうでしょう?
本当に腹ペコな野良ネコさんは肉でも野菜でもパンでも残飯を食べちゃいます。
少々田舎であれば田んぼのカエルくらいは食べられそうですが、
都会ではほぼゴミとしか言いようのないものだって食べなきゃいけないのが現状です。
(満たされていると野良ちゃんでも口がうるさくなるのがネコさんで、拾ってみたら「話しちゃうや〜ん」って泣くママパパはたくさんいらっしゃいますけどね 笑)

ではチョウセンイタチなどいわゆる害獣とされているイタチはどうでしょう?
フェレットママパパさんだけでなく、本当に世間一般に誤解されているようですが、
イタチは家畜ばっかり襲う生き物ではありません。
普通に農作物を荒らしますし、先に挙げたネコさんと同じような残飯もペロリです。
しかもネコさんより小さい体を生かして建物の中にも浸入できますし、
ネズミさん以上の体格と顎パワーがありますから、
お店のパンやお菓子などドンドン持って行ってしまうそうですヨ♪
(想像したら・・・秘密基地に何でも持っていくフェレットさんとかぶって思わず「♪」つけちゃいました^^)

ながらくフェレットママパパをしていて、そんな情報をきいたことがないって方もいらっしゃるでしょう。
それはイタチによいイメージをもってネットサーフィンされるからです。
例えば「イタチ 被害」「イタチ 害獣」などで検索されてみてください。
(余談ですが・・・壁や屋根裏の生活ぶりがあまりにもフェレットさんと同じな画像に出会えるのでチョットほっこりします^^)
だからイタチはあなたのお家のまわりでも生きのびて、害獣とまで言われてしまうのです。

さて、田舎であれ都会であれ、野生(自然下)での生活をどう思われましたか?
テレビで観るような格好のよい生態が、ごく一握りの生き残りだと気づかれたでしょう。
たくさん生まれても大人まで生き延びられる子はいったい何匹いるでしょう?
見えないところには飢えだけでなく、獲物にされしまったり、病気になったり、
骨折したり、腐ったものを口にしただけで命を落とす子もいるのですよね。
またこれらから種を守るため、生き抜く危険が多い動物ほど多産なのはご存じでしょう。

このように実は思うほど長く生きられないのが自然下であり、野生の生き物です。
図鑑などで紹介されている寿命は平均寿命でないとご理解いただけましたでしょうか。
そこに書いてあるのはある程度生き抜いた子の寿命なのですよね。

これらをふまえてあなたのフェレットさんをどう考えられますか?

安全で身の危険どころか緊張感のない生活
狩りをしなくても時間になればゴハンがでてくる生活
共食いなんてありえなーーーーい!!

こんな生ぬるい環境であれば、血をしたたらせ・・・な高カロリーは必要ありません。
もし与えたとしても始めのうちは喜ぶでしょうが決して長続きしないはずです。
だってそんなにカロリーは必要としないし解毒の術がありません。

解毒?!?!
獲物を食べることで獲物のお腹にある消化物を・・・ってお話しがありますが、
いえいえ野生のお食事はそれ以前にもっとストレートに副食材を口にしていますよ。
(だって内臓残す子だったら副食材はとれないもの〜〜)

自然下ではお皿に獲物は乗っていません。
土や砂、落ち葉、ホコリ、草、泥水、干からびた虫の死骸なども一緒に食べているでしょう?
ここにはたくさんのバクテリア、酵素、食物繊維が含まれています。
しかも新鮮で地産地消です。
自分の生息域と同じだからこそ、選ばずとも体がいつも触れている菌と同じものを得られます。
これが体に合わないわけがないですよね♪
(IBDのフェレットさんや、乳酸菌サプリで失敗しているママパパさんには羨ましい限り!!)
もしこれらの副食材が嫌いであっても、きれいなお水のところまで運んで洗って食べるなんてできないですもの。
自然下の彼らが必ずお口にできる副食材、解毒のキーはこれらなのです^^

でも!これでは必ずしも必要な食材全てがお口に入るとは限りませんよね。
だからこその・・・
『実は思うほど長く生きられないのが自然下であり、野生の生き物です。』なのです。
それが現実です。

さてさて♪

自然のままに生きるって、お外の暮らしの「自然のままに」は意外な世界だったのではないでしょうか。
そして野生のイタチのように獰猛な肉食獣って・・・
もはや存在しない嘘っぽい言葉になってしまわれたのではないでしょうか。

ではではココからが本題!!(笑)

お外の世界の自然はあり得ないけど、生き物として自然のままに生きたいですよね。
お家の中で自然に生きるとはどういうことなのでしょう?
次の章でまたお会いしましょう♪

全くの無名ではないけれど、家族として暮らすにはまだまだ珍しい存在のフェレットさん。
ちょっとマニアックなシッポさんだけど、
溢れる陽気さと可愛らしさに魅せられ、シッポ家族としてお迎えされた方は私だけではないでしょう^^
そして調べてみれば驚くほどの飼育マニュルアルなるものが確立されていて、
パソコン・スマホを片手に東奔西走されているお母さんお父さんは大勢いらっしゃいますよね。

でも・・・
あなたの調べた情報は、あなたのシッポちゃんに本当に全て当てはまるのでしょうか?
ひとつひとつに疑問をもったことはありませんか?

 野生のイタチのように獰猛な肉食獣なの?
 ほとんどのこがフェレットの3大ガンにかかるの?
 (3大ガン:副腎腫瘍、リンパ腫、インスリノーマ)
 穀物や糖質を排除した食事をしなければならない?
 タンパク質○○%以上のフード以外は食べられない?
 フードのブレンドをすることに落とし穴はない?
 ゴハンの消化が早いためいつでも食事ができるようにしておかねば病気になる?
 ワクチンやフィラリア予防薬は本当に必要?
 毎月毛玉取りを与えないといけないのはどうして?
 などなど・・・

診れない獣医が多いほどマニアックとされるシッポ家族なのに、
どうしてこうも画一的な飼育マニュアルが存在するのでしょう?
野生には存在せず、主に毛皮や生体販売目的でのみ生まれるフェレットさん。
一歩下がって眺めてみると・・・
飼育マニュアルってセット販売のラインナップにしか見えないのは私だけでしょうか?><

マニアックな存在だからこそマニュアルは価値が出る。
ならば潤いたい人が潤うような内容で先にマニュアルを作れば、ねぇ?!
それこそ生涯かけてセットにできる工業的なお商売ではないでしょうか。

世間でいうペットとして販売されるにおいて、
「おばあちゃんが飼ってた頃はこうだった」と語り継がれることもない存在。
身近な経験の情報がないうえ、理由を考えずに他人の画一的なマニュアルに頼っていいのでしょうか?
工業的な存在だからって画一的にできるほど個体差がない訳じゃないでしょうに。
何より本当に工業的ならば、良心を持って病気にならない生き物にしてよってね!!(苦笑)

工業的に生を受けた生き物であっても、フェレットちゃんたちは自然の法則に従って生きています。
だからこそ自然で無いことへ体は立ち向かいねじ曲がってゆくのです。
しかしねじ曲がっても自然の力を引き出せば、元に戻ることも可能なのです。
ナチュラルに生きることの意義をぜひ知ってください。



尻切れトンボでごめんなさい><
次章で掘り下げていきます!

coming soon


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 12/16追記あり  **情報** 元気なフェレちゃんの急激な体調不良&慢性的な疾患や老齢フェレちゃんの急激な体調の落ち込みについて
    雅子様
  • 12/16追記あり  **情報** 元気なフェレちゃんの急激な体調不良&慢性的な疾患や老齢フェレちゃんの急激な体調の落ち込みについて
    雅子

Link

Profile

Search

Others