ご新規様からの日々押し寄せるような体調不良のご相談で、
あたふたしているニンナナンナです。
 
 下痢、嘔吐、咳、
 脱肛、体重減少、脱水症状、
 食べられなくなったり、立てなくなるほどのフェレちゃんまで。
 
お話を聞くほどに、獣医のトンデモ治療も飛び出して・・・ビックリな毎日です><
 
 
ご相談くださる方の多くは『強制給餌』の記事をご覧になり、
パストタッティカをお求めくださったり、ご相談フォームをご利用くださっています。
  
ニンナナンナをご利用頂いた事が無くてもご遠慮なさらないでください。
ご不安がございましたら、お早めにご相談くださいね*^^* 
 
 
 
。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜
 
 
 
 
さてさて、手作りゴハン ベテランのみなさま!
 
あらゆる食材に精通されると、
『我が家パターン』なる王道が完成していらっしゃることでしょう。
 
 
しかし!です。
 
豆知識や毎月のランキングでお伝えしていますように、
危険の原因も様変わりしていますから、
危機回避の王道パターンが揺らいでいるかも?とお考えください。
 
以下の対処が未経験でいらっしゃいましたら、ぜひ一度お試しくださいね。
 
 
 
 
【対処1】アルティジャーノ液体酵素量の調整
 
ちょっとお腹がゆるめかな?
何となく体調が悪そうだな?
 
このような時に、フルーツザイムを盛り盛り〜!ではないですよ。
(固めすぎて栄養吸収しない消化物になっちゃいます><)
 
  
このような時は、アルティジャーノ液体酵素の量を減らして下さい。
 
 具体的には・・・
 
  ベース作りはそのままでOK
  ベンチタイムの際にかける分を無くしてください。
 
 
酵母の活性が一番高いタイミングを狙って作っているアルティジャーノだけに、
お腹の不具合時には、その活力の高さが災いするケースが増えています。
 
腸内の環境を活発にするため、菌類はとても大事なトモダチですが、
やはり腸内細菌といえば・・・
 
 善玉菌・悪玉菌・日和見菌 この3つのバランスです。
 
 
良いモノばかりが増えてもダメなのですね。
 
お腹が悪いなりの『腸内細菌の活度』にあわせて、
        『アルティジャーノの量』も調整しましょう。
 

 
 
【対処2】脱水

体調不良のほぼ全部のケースで、脱水症状が併発しています。
 
見た目に皮が余るような脱水を起こしていなくても、
体の中は脱水症状を起こしているケースがあることは、
むか〜〜しの豆知識でご紹介しています。(が、覚えていますか?)
 
 浸透圧・・・高張性、等張性、低張性

 その他・・・汚れた体液、汚れた血液、血比重の高いオシッコ、、でしたよね!


様子見をしたり、
強制給餌をしたり、
とりあえずの抗生剤やステロイドを選択しちゃダメ!!

まずは皮下補液(リンゲル)を行ってください。

 「症状が改善されるまで毎日」が目安です^^v


まだ『獣医さんに何て言えばいいんですかー(ToT)』って泣いちゃう方は、
こちらの記事の中ほどをご覧くださいネ!


 

 
 
【対処3】タヒボ、MRN−100
 
普段からご活用頂いていることでしょうが、だからって・・・
緊急時まで そのままじゃダメですよ!
 
 10倍濃度を1滴でも1日に何度もシリンジで摂取すること。
 
 ゴハンをのばす水分を全てMRN−100に変更。
 
 置き水やシリンジでのMRN−100も積極的に。

 
 
また昨年末より新しく、
お買い求めの際に『濃度に関するオリジナル資料』を同梱しています。
 
最近ではその資料を基にお話させて頂くことが増えていますので、
早めにお手にして頂けますようお願いいたします。
 

 
 
 
【対処4】わかりにくいバイオス
 
1〜3で回復傾向がみられた際、重要になるのが バイオスO2−S の活用。
 
回復が始まると言うのは、言い換えれば『一気に腸の活性が上がる』こと。
 
  このタイミングが、バイオスO2−Sを送り込む時!!
 
  腸内細菌が活動するための酸素の供給と、
  急に目覚める体へ負けないだけのリズム(波動)が必要ですものね。
 
 
汚れたゴハンでできた体では理解されがたい波動水ですが、
ニンナナンナ流の手作りゴハンのフェレちゃんであれば、
しっかり反応してくださることはご存知のところ。
 
それを!さらに!! ピンポイントで極めて使うってコトです^^

 
 
 
 
 
ここまででご納得頂ける結果が見られないのであれば・・・
 
 
【番外編】失敗ベース><
 
ベース作りに慣れるほど、野菜が多くなっているケースが見られます。
必要以上の食物繊維を摂ることは、危険以外の何物でもありません。
 
製品であるチーボには多くの野菜が使用されていますが、
それは量が多いのではなく、種類が多いだけのこと。
 
この種類の多さは、
みなさまへ『使用可能な野菜果物』を知って頂くためのものとご認識くださいね。
 
 
また、ありがちなのが・・・
 
  不完全なお粥(かための粒が残っている)
  ブレンダー や フードプロセッサーの『刃』の消耗
  果物が柑橘類のみ(柑橘類は基本的に不要です)
 
こうした基本での失敗が、地味にお腹を弱くしていきます。
今一度、ご確認くださいますように。
 
 
ご納得いただけない場合は・・・

  チーボをご購入くださり、自作ベースと比較されてください。
  (目からウロコさん続出です ^^;)

 
 
 
 
それでもそれでもご不安であれば、ご遠慮なくご相談ください。
 
最古参さんもご相談くださっているこの頃ですから、
ご自分だけで見極められない事も出て来ているとお考えくださいね。
(みのるはヤサシイヨ!笑)  
 
 

 

手作りゴハン派さんの パストタッティカ活用法 は、次の記事に書きます。

しばしお待ちくださいませ。。m(_ _)m

 

 

 


にほんブログ村

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 12/16追記あり  **情報** 元気なフェレちゃんの急激な体調不良&慢性的な疾患や老齢フェレちゃんの急激な体調の落ち込みについて
    雅子様
  • 12/16追記あり  **情報** 元気なフェレちゃんの急激な体調不良&慢性的な疾患や老齢フェレちゃんの急激な体調の落ち込みについて
    雅子

Link

Profile

Search

Others